中国へ海外送金 ゆうちょ国際送金より得な方法

中国へ海外送金 ゆうちょ国際送金より得な方法

検証結果:約20万円以上なら、
      この海外送金方法がお得!
国際キャッシュカードのページの試算では、一番手数料の安いKnt!トラベルキャッシュ の手数料が、30万円の出金で約7000円、20万円の出金で約5000円弱になることがわかりました。でも、20万円以上なら、もっと手数料を安く済ませる方法があります

海外送金を最も安く済ませる方法

中国へのお得な海外送金方法 簡単に言えば、海外送金なのですが、ポイントは、ココです。 ●一番安い方法で両替し、 = FX口座を利用 ●一番安い方法で海外送金する = シティバンクを利用 では、細かく見ていきましょう。

ビックリ!両替手数料の事実 & 一番安く外貨両替する方法

両替手数料って、私も、今までほとんど気にしてなかったんですが、 調べてみると、結構な額になるんですよね。 そして、さらに、知らないルールがたくさんある。 まず、一つ目がこれ。 ●FX口座を使えば、銀行の5分の1の手数料で、両替ができる ⇒2010年7月、両替手数料が無料のFXを発見!(YJFX!(旧サイバーエージェントFX)) 円⇒米ドルで計算しますと、 銀行で外貨両替すると手数料が1%取られるのに対し、 FX口座だと0.2%や、無料で済みます。 20万円の場合、銀行の両替手数料は2000円。 FXを使えば1600~2000円の節約が可能です。 100万円だと、8000~1万円の節約ができます。 FXは、聞いたことがありますよね? 日々刻々と変化する外貨の値段を見て、取引をする、投資の一種です。 で、そのFXですが、これは、外貨取引(=両替)することがメインなので、 両替手数料で各社が競争した結果、非常に安い両替手数料になっているんですね。 (外貨両替にFXを利用する方法は、日経マネー09年4月号にも紹介されていました) これを利用します。 ですから、ポイントとして、投資に使う目的ではなく、 おトクに両替するために、FX口座を作るのです。 ですので、大損するようなリスクはありません。 私、管理人も、投資としてのFXは興味がなかったのですが、 両替用として、FX口座を開設したんですよ。 今までは、こちらのマネーパートナーズを薦めていましたが、 最近(2010年7月時点)のお薦めは、YJFX!(旧サイバーエージェントFX)です。 YJFX!(旧サイバーエージェントFX)は、 ・両替手数料無料 ・外貨出金手数料も無料 だからです。 ※マネーパートナーズは 両替手数料は0.2% 外貨出金は月1回まで無料

外貨両替手数料の不思議・・・というかワナ?

そして次の意外なルールがこれ。 ●円→ドル→中国元のドル経由の両替が一番おトク (ただし円→ドルの両替をFXで安く済ませた場合に限る) 簡単に試算してみます。
●円をハンドキャリーで現金のまま中国へ持ち込んで、銀行窓口で 中国元へ両替したときの両替手数料は、2.5% 3.5%。 (09年6/10時点は2.5%。10年7/21では1%値上げされていました。※参考中国銀行為替レート) 100万円を窓口で中国元に両替すると3万5000円の手数料を取られます。
●一番おトクな方法の場合は、 ・YJFX!(旧サイバーエージェントFX)口座での円→ドル両替 =両替手数料無料 ・YJFX!(旧サイバーエージェントFX)からシティバンクへの出金 =無料 ・シティバンク海外送金手数料(ドル建て送金) =3500円 ・中国銀行でのドル→人民元 両替手数料0.2% =2000円   (09年6/10時点から10年7/21時点変更なし。※参考中国銀行為替レート) 100万円を上の方法で海外送金すると、合計5,500円の手数料。これだけで済むのです。
(※中国銀行は着金手数料ナシ。ただし中継銀行手数料が取られる場合があります。  中継銀行手数料は、これがまた複雑で、金額によって取られたり取られなかったりも  するので、今回は省いてあります) ビックリですよね。 わざわざ自分で持ってきたお金のほうが、 手数料がたくさん取られているなんて(笑)。 ←いや、今までの損を考えると私、笑えないかも。 ●ちなみに、こちらがゆうちょ銀行の海外送金の手数料です。高いことがわかると思います。
(ゆうちょ海外送金との比較はこちらのページで詳しくしています)

必要手続きと注意

ちょっと最初の手続きは面倒ですが、手数料のメリットだけではなく、 ネットで海外送金の手続きができてしまうので、銀行での海外送金のあの待ち時間の長さを 省略できるメリットも大きいです。 また、手続きができてしまえば、中国滞在中でもネットで操作できるので、 家族に頼み込んで銀行に行ってもらって送金・・・みたいなことがなくなるのも嬉しいですよね。 注意点としては、稼動させるまでに、ちょっと時間がかかることです。 口座開設などの申込みに時間がかかるので、 少なくとも1ヶ月くらいは準備期間を考えておいたほうがいいです。 【準備】 1.YJFX!(旧サイバーエージェントFX)で口座開設(完了まで約1週間ほど)   そして、米ドル出金口座として、シティバンク口座を登録。   (FXとシティで名義が一緒じゃないと出金できないので注意)
    ※注意 シティバンクは、口座開設すると、円口座とマルチマネー口座の2つができます。FXに米ドル出金口座を登録するときは、必ずマルチマネー口座を登録するようにしてください。まちがって円口座に入金されると、自動的にドルが円に戻されてしまいます(しかも両替手数料が取られます)。
2.シティバンクで口座開設(完了まで約2週間ほど)   (以前は、最低預金額を下回ると口座管理手数料が取られる『円普通預金口座』しかなかった   のですが、現在は、ネット利用中心の『eセービング口座』というのができて、最低預金額の   縛りがなくなりました。『eセービング口座』は口座開設申込みもネットできます。でも、   『円普通預金口座』のほうは、月末100万円以上の預金があると、次々月の海外送金手数料が   2000円になるなどのメリットもあります。   参考:両口座の比較→http://www.citibank.co.jp/ja/openaccount/index.html) そして、中国に行ってから、 3.中国で銀行口座を開設   (パスポートを持って本人が行けば、作れます。中国語ができない方にはこんなのもあります) 4.シティバンクに、海外送金用口座を登録   (最初のここだけ郵送が必要です。登録用紙はPDFでダウンロードできるので、中国からの郵送も可能) という以上、4つの流れになります。 それでは、ぜひ、実行してみてくださいね。 私のほうも、次回、海外送金の機会があったときに、 またここに実況中継をアップしたいと思います!   ⇒ YJFX!(旧サイバーエージェントFX) を使ってみました(ビデオ付き) ⇒ 実行してみました!(マネーパートナーズの場合)

現在、中国に銀行口座がなく、中国ですぐに現金が必要な方は

上の海外送金の方法は、中国に銀行口座を開き、シティバンクに登録が完了するまで使えません。 ですので、中国到着後、現金を手にするまで、少し時間がかかります。 中国到着後、すぐに現金が必要な方は、以下の方法がいいと思います。 大きな金額ではない場合は、国際キャッシュカード(インターナショナルカード)を利用。 大きな金額の場合は、トラベラーズチェックT/Cで持ち込む。 という感じです。詳細は、リンクしている各ページをご覧ください。

YJFX!(旧サイバーエージェントFX)の両替&出金方法、近々、アップします

YJFX!(旧サイバーエージェントFX)の両替&出金は、 手数料が安いのですが、FXを利用したことのない方には、 ちょっと使い方が難しいようです。 近々、管理人自らが試したものをアップしたいと思います。 お楽しみに~!! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ アップしました。 ⇒YJFX!(旧サイバーエージェントFX) を使ってみました(ビデオ付き)

【中国への海外送金&お金持込み特集 目次】
中国への海外送金&お金持込み特集トップ
国際キャッシュカード徹底比較(インターナショナルカード)
国際キャッシュカードの現地比較結果
現金持込みは損だった!
中国への海外送金 一番おトクな方法
FX外貨両替で中国へ海外送金してみました
出金/両替手数料無料のYJFX!(旧サイバーエージェントFX) 使ってみました
ゆうちょ銀行の国際送金の隠れた手数料
中国へのトラベラーズチェックT/Cは使い方次第

タグ

上海の医療費も調査。
上海旅行ならこの年会費海外旅行保険クレジットカード特集

上海関係広告

上海への格安ツアーの最安値をチェック

上海への格安航空券の最安値をチェック


日本と中国が携帯メールで繋がる
日本⇔中国で
携帯メールやりとりが可能